弁理士紹介

弁理士 川畑 孝二 (かわばた こうじ)

2001年より知的財産業務に従事し、特許出願や中間手続の権利化業務に加え、特許侵害や特許有効性の鑑定を含むコンサルティングを専門とする。有機発光ダイオード、イメージセンサ、ライティング器具、プリンタ、電気自動車関連技術、太陽光発電システム、光学、医療機器、携帯電話機、インターネット通信システム及びコンピュータ関連技術の分野にて、数多くの特許取得に貢献。知財業務以前は、高電圧変電設備業界のエンジニアとして活躍した。

 

2016年-2017年 米国の知的財産を専門とする法律事務所にて実務修習
2016年 米国ワシントン大学CASRIP短期セミナー受講
2011年 特定侵害訴訟代理付記
2006年 弁理士登録
1997年 大阪市立大学大学院 理学修士(物理学)

趣味はアウトドア活動。大学時代からカヤック、洞窟、マウンテンバイクなどを経験。ここ数年はフリークライミング、特にボルダリングに没頭。今後トライしたいことは、ウィングスーツ着用のベースジャンプ

 

 


弁理士 戸原健太(とはら けんた)

主に企業内での研究開発・設計業務・知的財産業務に従事。モノづくりの現場から知的財産の創造・保護・活用の現場までを経験し、その過程で自らの発明を知的財産部員として世界中で権利化した経験を有する。この経験をもとにモノづくりに貢献できる知的財産サービスの構築を目指し、当事務所の運営にあたってまいります。

 

 

学歴
・2004年3月 神戸大学工学部機械工学科 卒業
・2017年9月 名古屋商科大学大学院マネージメント研究科修了

略歴
・2004年4月〜2011年6月 三菱自動車工業株式会社 エンジン設計部
・2011年7月〜2016年6月 同社 知的財産部
(2012年4月 弁理士登録)

外部活動
・2013年4月〜2016年3月まで企業弁理士知財委員会(2015年度 同委員会副委員長)
・2016年4月~ 知財経営コンサルティング委員会

著書
・国内外における企業内弁理士に関する統計と企業内業務の実態(共著)
(パテント誌 2016年1月号掲載)

専門分野:機械・電機・企業内実務